「ジスロマック」は性病や風邪以外に歯周病にも効く!

歯周病と聞くと高齢者を想像しませんか?現代では早いと10代から初期の症状が見られ、30代ともなると80%程度は歯周病になり始めてるとデータもあります。 やはり最後まで自分の歯で食べたくありませんか?重度になる前にジスロマックでしっかり治しましょう!

*

歯周病にも使われるジスロマックの殺菌効果を知りたい

歯茎から出血をする、口臭が酷くなる、重症になると歯がグラグラして最終的には抜けてしまうこともある歯周病は虫歯以上に恐い病気の1つです。

クラミジアの感染症でもある性病を治す薬にジスロマックがありますが、このジスロマックは歯周病にも処方されている薬です。ジスロマックにはどのような効果があるのでしょうか。

歯周病とは歯を失ってしまう病気

歯周病という名前は歯磨き粉のCMなどではよく出てくるので聞いた事があると思います。

歯周病の原因は、歯や歯茎に付いたプラーク(歯垢)の中の細菌です。この細菌の出す毒素が、歯茎や骨に悪影響を及ぼし、あのイヤな症状の数々を生み出すのです。

治療は歯ブラシ等を使ってプラークを落とすプラーク・コントロールが基本になります。しかし、あまりにプラークがしっかりとついてしまうと、膜のようになって歯にへばりつき、もはや歯ブラシだけでは落とすことができません。このような時に歯周病菌を殺してしまう切り札として処方されるのがジスロマックなのです。

ジスロマックは殺菌効果が高い

ジスロマックはアジスロマイシンを成分とする抗生物質で、非常に殺菌効果に優れています。

通常のケアでは落とすことができない、しっかりとへばりついたプラークの固まりの奥の菌までも殺菌することができます。歯周病だけではなく、あらゆる感染症疾患に利用される、優秀な抗生物質なのです。

ジスロマックは持続性がある

単に殺菌効果が高いというだけではありません。ジスロマックの優れている点は、持続性があるというところです。

例えば、1日に1回、3日間服用しただけでも、その効果は2週間程度続くと言われています。その間に、菌をすっかり殺菌してしまうことが可能なのです。また、ジスロマックは服用すると白血球に吸収され、患部へと運ばれます。

そのまま患部に溜まって働くという性質があるので、薬の効力が発揮されるのは患部のみに限られ、全身に作用を及ぼすわけではありません。ですから比較的体に優しく、かつ強力な殺菌効果を体の内側から発揮してくれるのです。この種の病気に悩む方にとっては、まことに便利な薬と言えます。

オーラルケアをしながら予防

ただしこのジスロマックさえあれば、いつでも簡単に歯周病が治ってしまう、というわけではありません。

1度菌を殺菌したからと言って、プラークのたまりやすい環境をそのままにしていたのでは、たちまち元の黙阿弥になってしまいます。また、繰り返し使用し続けることで、菌が抗生物質に対して耐性を持ってしまいますので、何度も使用する訳にはいかないのです。

ですから、一度この薬でしっかりと殺菌した後、日々のオーラルケアをきちんと行うようにしましょう。3~4か月に1度程度プラーク除去を歯医者で行うなども予防になります。抗生物質は、いざと言う時の切り札、有効に活用するためにも日々の生活の中で体の状態を整え、抵抗力を高めるようにしましょう。

公開日: